文字書き職人の雲さんが想いのこもった筆文字を書きます

FrontPage

想いのこもった筆文字を書きます

あなたに必要なのは、想いがこもった筆文字ではありませんか? 商売繁盛の屋号や、大好評間違いなしのメニューなど、縁起の良い筆文字であなたを応援します。

今、筆文字が見直されています。

楷書体や草書体などフォントが手軽に利用できる現代。
年賀状の宛名や、謹賀新年の文字をこれらのフォントを使って
印刷していらっしゃる方も多いと思います。

年賀状にとどまらず、お店の顔ともいえる看板まで、
手軽な筆文字系フォントを使って、安易にデザインされたものが
町中にあふれています。

実際、字書き職人の仕事がパソコンに取って代わり、
多くの字書き職人達が廃業しました。 

もう人の書いた筆文字は必要無くなったのでしょうか?

いいえ違います。

太楷書フォントで作ったお店の看板と、
書家が想いを込めて書いた文字を使った看板のどちらが、
見る人の印象に残るでしょうか。
お客様に熱い想いを届けることができるでしょうか。

焼き鳥屋、焼き肉屋、ラーメン屋などなど、新規にオープンするお店の看板を見てください。
ほとんど私たち書家が書いた文字が採用されています。

今年の大河ドラマ「龍馬伝」のタイトルも、やはり書家の手による文字です。 
角ゴシックで書いた「龍馬伝」ではなんとも締まりません。

やはり、想いのこもった筆文字にしか伝えられないものがあるのです。

私は、この筆に魂を込めて、あなたの想いを伝える筆文字を書きます。

しかし私は【書家=芸術家】になって敷居の高い人間にはなりたくありません。
誰もが気軽に頼める、町の字書き職人であり続けたいと思っています。

「雲さ~ん ちょっと字ぃ書いてくれへんか~?」}とお電話ください。

あなたの想いを見る人に伝えるために、魂のこもった筆文字を書かせて頂きます。

どうぞよろしくお願いします。

    かきまっせドットコム  店主  雲さん こと足立 勇

a:30896 t:6 y:8

若いあなたの独立開業を応援します / 雲さんのプロフィール / 会社概要 / お問い合わせフォーム

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional